美白化粧品 - リンク集3

メラニン対策

気になるしみやくすみという状態になるのは、肌で生成されたメラニン色素が沈着したからです。

メラニン色素は紫外線などの刺激で生成され、皮膚の細胞を守ります。

メラニン色素は皮膚に一定期間留まった後、肌の新陳代謝で体外に排出されて消滅するのが、元来のはたらきです。

代謝での排出が追いつかずに肌に残る事になってしまうのは、メラニン色素の生成が過剰になる事がわけです。

過剰なメラニンの生成がしみやくすみの原因なのです。

メラニン色素の過剰生成というしみやくすみの原因となるものは、長期に渡る肌の炎症や紫外線の影響などによっておこるといいます。

しみやくすみになる原因が、皮膚のかぶれやニキビが悪化して、色素が沈着する事によるケースもあるそうです。

年齢を重ねると共に肌の乾燥、血行不良、代謝の低下が起こり、古い皮膚を排出するのが簡単ではなくなってきます。

代謝が低下するので、メラニン色素が残る事が多くなってきます。

肌が敏感になっている妊娠中や生理中は、女子ホルモンの影響でメラニンの過剰生成がおこなわれる場合があったり、紫外線や乾燥の影響をうけやすくなっていたりするそうです。

くすみのメラニン色素の沈着のほかの要因は、透明感を角質層が厚くなって失ってしまったり、毛細血管に濁った血が血流不全で流れている事だといいます。

しみやくすみ対策は原因によってそれぞれちがいますので、最初に自身の肌の状態やその要因を探索するところからはじめましょう。